三宅整骨院
〒602-8325 京都市上京区毘沙門町486 

診療時間 9:00~12:00/15:30~19:00
※土日、祝日休診

お気軽にお問合せください

075-462-3708

むちうち(ふらつき、めまいの症状)

仏大の学生さんで通学途中に原付バイクで
車と衝突、本人は衝撃でふっとばされて壁
に頭から激突され負傷

頭部打撲、頭痛、むちうち症状(首、肩の
筋肉の緊張、首が動かない、動かすと痛み)
左腕のシビレ、左膝打撲

交通事故の症状では事故の状況によって
普通では考えられない症状が起こるのですが
特にこの方の症状は特殊で大変でした。

めまいの症状がきつく
(しゃがんで靴をはこうとしたときや
バイト先で床の掃除をしゃがんで
数分していて立ち上がろうとした時に
目の前が真っ暗になってからふらつく
頭から下に血液がスーと下がっていき、
一瞬心臓がドキドキしてしんどくなり
しばらくすると落ち着く)
というものでした。

脳神経外科の方でMRIやCTでの検査も
されたそうですが、特に異常は見つかり
ません。

治療を続けていくにつれて通常のむちうち
の症状は順調に回復していったのですが
むちうちのふらつきの症状が最初のうちは
なかなかよくなりませんでした。

靴をはく間の数秒間くらいならしゃがんで
下をむいていて立ち上がってもふらつきの
症状はでなくなったのですが、しゃがんで
いる時間が長くなるとふらつきの症状が
でます。

バイトで数分間しゃがんで掃除すると
立ち上がった時に目の前が真っ黒になる
なにかにつかまりたくなるほどふらつく

あまりにも目まいがきつく、バイトを早退
されたこともありました。

また自宅の階段を下をむいて駆け下りて
いるとひどいふらつきが急にきてしゃがみ
こんでしまって数分間動けなくなったり
かなり苦しんでおられました。

その間、何回か脳神経外科の
先生に相談
されたそうですが、
ずっと「大丈夫、
異常はない」と言われ続けていたそうです。

事故の前にはでなかった症状なのでからだ
のどこかに必ず異常があるはずと患者さま
の話を聞きさまざまな可能性を探りながら
治療をつづけていくと徐々にふらつきの
症状も軽快していきました。


最初に立ち上がったときに目の前が真っ暗に
なる症状がおさまっていき、次にふらつき
頭から血液がスーっと下がっていき心臓が
どきどきする症状もおこらなくなりました。

バイトで床掃除をしても症状がでなくなり
治療終了。

交通事故の患者様は事故の内容によって
その人、その人独特の症状がでてきますが
この方の場合は検査でも全く異常がなく
本当に試行錯誤の治療の日々でどうすれば
症状が改善するか考えていました。

それだけに、無事元気になられた時は
ほっとしたのを覚えています。

患者様の喜びの声

この怪我をされた患者様の喜びの声です。

原付きバイクで事故
にあわれた女子学生